ホーム>カウンセリングスクールOZ秋田ブログ  -こころの窓を開けよう->2013年10月
イメージ画像

2013年10月

身体表現

今日の初級講座、午前中は身体表現法でした。

朝起きたときの気持ちsun

講座へと向かってくるときの気持ちrun

楽しい気持ちheart02

ネガティブな気持ちthink

いろいろな気持ちを身体で表現

最後は第3の脳といわれている皮膚を通じて感じてもらいました。

受講生たちの顔がほっこりなりました。

 

受講生の感想

・どきどきわくわく楽しかった

・苦手な分野で嫌だなって思ってきたが、やってみたら頭で考えずにやってみればいいんだなって思った

・今までなんとなくわからなかった受講生のAさんが、とても明るい人なんだなって思った

・頭で考えると身体が思うように動かない自分に気がついた

 

楽しかった~みなさん終わってからの交流が、今まで以上に楽しそうな雰囲気になりましたheart04

 

 

箱庭

幼少時代、砂山を作ったり、川を作り、そこへバケツで水を汲んできて流してみたり

小枝で橋を架けたり・・・いろんな事をして遊んだ思い出はありませんか。

その砂の感触を感じてもらいながら、いろんな遊具を自由に砂の入った箱に入れていくという技法です。

言語的表現がうまくできない場合でも、遊びや象徴的な表現で、非言語による自己表現が可能な方法です。

私は、箱庭をやり終えたときには、自分の心からのメッセージとも向き合えたような、なんともいえない気持ちになります。

皆さんもやってみませんかhappy01horseshinepresentbullettrain

 

 

 

ミスユニバース・ジャパン秋田大会ビューティーキャンプのメンタルケア講座、終了

ミスユニバース・ジャパン秋田大会ファイナリストの方12名のメンタルケア講座を行いました。

2時間の講演の中で、ストレスフルな気持ちが解放され明るく楽しくファイナルのとき内面から

生き生きとしていられるように・・・また自分でケアできるように・・・

いろいろなワークを取り入れ参加していただきました。

12名のファイナリストの皆さんは、無意識の自分を知ってもらったり、人と人との関わりの楽しさや、

自分を信じ認めてあげる喜びも感じていただけたのであれば、嬉しいです。

 

同行スタッフの感想

・たったの2時間であんなにもファイナリストの12名の表情が変わり、心を開いた感じがしました。

・どんな心であっても、自分で認めてあげることで表情がみるみるうちに変わってくのだと思いました。

・自分の心の中は、繊細でかつ様々な感情が入り交じっている。だからこそ他人から勝手に入り込まれるとがどれだけ嫌な感じを受けるのか。

 

次回、大関直隆氏、洋子氏の講演は

ミサワホームイング東北(株)秋田支店の展示会inセリオン

演題 「前向きになれる心のバリアフリー」

11月16日(土) 14:00から15:00

場所 秋田市ポートタワーセリオン

 

是非お越しくださいませ。

 

 

ミスユニバース・ジャパン秋田

今日は、ファイナリスト12名の方のメンタルケア担当として

当校から社長、所長含め5人で大曲のグランドパレス川端へ行って来ます。

ファイナリストの皆さんの今朝の様子はどうなんだろうなぁ・・・

スタッフの私は、少し緊張気味coldsweats01

しかっりとケアできるように頑張ります。

このような機会を与えてくださった、さきがけアドバの方にも感謝致します。

ありがとうございます。

 

「素敵なお産をありがとう」上映会&講演会ご観覧の皆さんの感想

10月19日、ルミエール秋田で行われた「素敵なお産をありがとう」上映会&講演会でご観覧いただいた皆様からのご感想を掲載させていただきます。
(内容が変わらないよう若干の修正を加えてあるものもあります)

・感動しました。いろんなものにとらわれ、私たちは生きていると思います。けれど、それは自分の中のとらわれなのだと思ってたときの映画でした。それと、家族って一つ一つの思い出、体験を共有して作っていくものなんだとあらためて思いました。()40代女性)

・自然に生きるとは?、現代社会の違和感について教えられました。(20代男性)

・子どもと一緒に観ればよかったと思いました。出産のシーンに感動しました。(40代女性)

・洋子先生の生き方をまねたい、お手本にしたいと思いました。(50代女性)

・出産の時のことを思い出しました。うちの子たちにも見せたい。(50代女性)

・初めて出産の場面を見てすごいなと思いました。様々な境遇の中、家族と支え合うことは大事なんだなと思いました。(10代女性)

・感動でした。家族、友人にもぜひ見せたいと思いました。(50代女性)

・正直に生きていくことの大切さや、人との、家族とのつながりを、体験を共有することで作っていくことの素晴らしさが、あらためて腑に落ちました。ありがとうございます。(40代女性)

・とてもよかった。(30代女性)

・家族の温かいつながりがあらゆる場面から感じられる映画&講演でした。(30代女性)

・命の生まれてくる瞬間て、こんなに息をのんだり、いろんな想いがつまっているんだと感じて、本当に来てよかったと思います。ありがとうございました。(30代男性)

・①自分のお母さんだけでなく、世の中のお母さんみんなに感謝したくなりました。②自分が産婦人科医だからなのでしょうが、1986年当時の助産院でのお産が、現在とは違って、かなりリスキーだったんだなあと思いました。今回の例も結果オーライだったと言わざるを得ないと思いました。③講演を聞いて、二人だと頑張れるんだなあと思いました。(40代男性)

・本日はありがとうございました。家族のあり方を考えました。世界中の子どもたちが幸せになりますように…♡(40代女性)

・感動しました。自分が子どもを産んだときのことを思い出しました。今はその子どもたちも7歳と2歳になり、言うことを聞かないことも多くなりましたが、出産の時を思い出し、大事に育てていきたいと思います。私も悩みはありますが、大関先生とか他の人と比べたら小さな悩みで、幸せなんだなと思います。小さなことでも幸せを感じて生きていけるように日頃から気をつけていきたいです。勉強になりました。ありがとうございました。(30代女性)

・家族で同じ時間と体験をすることで家族の絆を作っていくという言葉が印象的でした。自分も家族といろいろな体験を一緒にして、これからも積み重ねていきたいと思いました。(40代女性)

・出産シーンを見たのは初めてでした。自分も出産をしたのに、また1人産んだような気持ちになりました。私は普通に子育てをしていると思っていましたが、その中にもいろいろな苦労や経験があります。どんな子に育つのか…?頑張っていきたいと思いました。(40代女性)

・心理カウンセリングに少し興味がありました。今回、友人からお知らせをもらって参加しました。参加してよかったと思います。(40代女性)

 

学びの場

昨日18日から、3日間の集中講座が始まりました。

毎月の集中講座ですが、本当に学びの場がここにある!といった感じでしょうか。

毎回毎回、たくさんの事を学ばせていただいております(なかなか実践はできないものですが・・・(^_^;)!)

昨日は、いかに偏見を持っている自分なのかということがわかる授業でした。

今日の午後は、「素敵なお産をありがとう」上映および講演会です。

いろいろな事を感じていただき、学びのひとつとして、それぞれが持ち帰ってくれたら嬉しいです。

 

 

フォーカシング

3連休中は、アルヴェでもいろいろなイベントが開催されていました。

昨日はエキコン!

吹奏楽の演奏が朝から夕方まであったようです。

私は、朝からなんだかウキウキではない・・・ん・・・なんとも言い様のない気持ち

なんなんだろう・・・

そしてフォーカシング…言葉にできない感じを胸・腹・のどなどで感じ、適切な言葉を当てはめてみました。

そっか!なるほど!って自分で納得shine(^_^)shine

フォーカシングはheart01心のもやもやに触れる

           heart01もやもやしている気持ちにヒントを与えてくれる

           heart01自分ではまだ感じていない本当の気持ちに気付いていく

自分の中に起こってくる気持ちは全て自分のものですから、自分の心の訴えを少し聞いてあげることが大事です。

体では感じていても、それを受け入れてやらなければ、自分の本当の気持ちに気付いていくことはできないのです。

心のもやもやを感じたらフォーカシングしてみよう!!

          

 

 

自我(エゴ)

自我(エゴ)は人生のルールに従う能力で、親や教師の禁止命令によって育つ。

放任すると自我は育たない。エゴが育つとはトレランス、柔軟性、現実判断能力

抑制力が育つということである。フロイトが「エスあるところに、エゴあらしめよ」と

述べているように、エスだけの子供を作らないためにも、現代は特にエゴの力が

育つような教育が求められているといえよう。エゴの能力を強化するためには、

役割を与えてそれを実行させ、できたらすぐ強化する(褒める)ことである。

 

今日から3連休ですね

家族で出かけた先でもこのエゴの強化やってみてはいかがですかhappy01

無条件の受容

先日のイベントに来てくれた小学4年生の男の子

箱庭体験をやり終えてからひと言ふたこと話し始めてくれました。

「去年までのクラスが楽しかった。」

「うんうん そう」

「そうなんだよなぁ 今のクラスも嫌いじゃないけど・・・やっぱり去年までのクラスの方が・・・」

「ふ~ん そっか」

「うん・・・・・・・・・でも今のクラスも好きだけどね!(^_^)」

といって元気に帰って行きましたpaper

 

その子が帰り道、車の中でお母さんにこう言ったそうです。

「あそこのカウンセリングの人は僕に何にも言わなかった。言われなかった。

またあそこに行きたい!お母さん連れて行ってね(^_^)」

 

無条件に受容されることがどんなに嬉しい事なのか

どんなに自分を受け止めてもらったという感じになるのか

どんなに安心するのか

 

日々スタッフの私も気づきです。

こちらこそ shineありがとうshine です。

 

 

ジョハリの窓

前回の自分を知る…知ってみよう…の続きになります。

私っていったい何でしょう?

自分が考えている私は、他人から見た私と同じかな?

自分が他人からどう理解されているかな?などなど

いろいろなワークを使って自分を知る事ができましたか?

ジョハリの窓では、自分の見えている姿と相手が見ている自分の姿の違いを認識し

それをフィードバックすることで、「自己成長」が得られるという考え方です。

基本はいかに「開放の窓」を広げるか?ということです。

「秘密の窓」を狭めることです

ありのままの自分でいること。「こうしなければ」とか「他人の目が気になるから」とか、

本来の自分がしたい姿を押し込めるような考え方を避けることです。

「開放の窓」の領域が大きければ、誤解のない、円滑なコミュニケーションができるようになります。

少しずつでも「開放の窓」を広げていけたらいいですねhappy01

そして「盲点の窓」や「未知の窓」での気づきも新たなチャレンジへと繋がるのかも・・・heart02

 

毎週木曜日10時から12時 13時から15時まで心理カウンセラー初級コース開講中です。

毎回、受講生は、自分発見と新たな自分との出会いにワクワクして帰ります。

「あ~今日もあっという間に終わっちゃった!楽しかった~!」ってshine

嬉しいですね。

講座はいつからでも受けられます。

思い立ったら即行動ですよ~