ホーム>カウンセリングスクールOZ秋田ブログ  -こころの窓を開けよう->2014年1月
イメージ画像

2014年1月

秋田民謡とカウンセリング

先日、日本民謡梅若会 浅野鵬修さんのところにお邪魔した時に、いろいろとお話をさせていただきました。

その時に、秋田長持唄の話になり、長持唄の由来について少しをお聴きしました。

「花嫁の行列の後から嫁方の人が若衆を頼んで箪笥や長持を担がせ聟方の村の入口まで運び、聟方の若衆と担ぎ役を交代させる。そのとき、荷を渡すから後をよろ しくと嫁方の担ぎ手が唄う。待っていた聟方の担ぎ手は確かに受け取りました御安心下さいと唄う。こうして聟の家に花嫁が到着すると嫁の親や仲人が嫁をよろ しくお願いしますと唄う。これを受けて聟の親の方が今日から私共の娘として大事にしますと唄う。これらの唄のやりとりは同じ長持唄の節で行うものでした。 宮城県仙北地方の長持唄がとくに知られています。このもと唄は街道で駕篭や荷を担いだ雲助たちが唄っていた雲助唄で、これを参勤交代の大名行列の人足とし て長持を担がされたときにおぼえた農村の人々が村にもち帰り、婚礼の荷物運びのときに唄ったことから広められ長持唄となりました。」  インターネットより抜粋

元々は、大名行列の時に、担ぎ役を交代する時に唄われていたものだったという事をお聴きして初めて知りました。

そして秋田長持唄は「箪笥かつぎ」と呼ばれていた唄が元になっているそうです。

「花嫁の行列の後から嫁方の人が若衆を頼んで箪笥や長持を担がせ聟方の村の入口まで運び、聟方の若衆と担ぎ役を交代させる。そ のとき、荷を渡すから後をよろしくと嫁方の担ぎ手が唄う。待っていた聟方の担ぎ手は確かに受け取りました御安心下さいと唄う。こうして聟の家に花嫁が到着 すると嫁の親や仲人が嫁をよろしくお願いしますと唄う。これを受けて聟の親の方が今日から私共の娘として大事にしますと唄う。」

この長持唄は、人から人へとバトンを渡す、繋ぎ役とも言える。

秋田の民謡は、間の手(愛の手・・・・笑)がほどよく入っており、聴きやすく、ほっとするという表現があっているような気がするのは私だけ??

秋田の人たちは、この間の手(愛の手・・・・笑)DNAが入っているような気がします。

浅野鵬修さんともこんなお話で盛り上がり、秋田の民謡とカウンセリングスクールOZ秋田・・・何か共通する物を感じました。

 

「秋田長持唄」

 
蝶よナーヨー花よとヨーハーヤレヤレ
育てた娘 今日はナーヨー 他人のヨー
オヤ手に渡すナーエー

さあさお立ちだ お名残おしや
今度来る時ゃ 孫つれて

傘を手に持ち さらばと言うて
重ね重ねの いとまごい

故郷恋しと 思うな娘
故郷当座の 仮の宿

箪笥長持 七棹八棹
あとの荷物は 馬で来る

自己啓発・自律訓練法

昨日からの雨で、積もっていた雪が溶けてしまい、道路状況がめちゃくちゃ悪いですね(路地だけ??)

今朝もあやうく埋まりそうになりましたwobbly

除雪車が私の前にいて、通り道である道路の除雪をやってくれていました。

真ん中がきれいになった分、脇にどっさり塊が・・・

その塊を越えないと、駐車場に入れないという状況!

まじですか!!??sweat01

みなさんならこんな時どうする?

勢いをつけて発進

車から降りて、除雪車の方に寄せてもらえるようにお願いをする

自分で塊をよせる

どれをとっても悩むところですよね

えっ 私??

悩んだ末に、「私の車は越えられる!」勢いをつけて発進してみました。

もし埋まったときには助けてくれる人がそこにいるという安心感もありましたし(笑)

結果・・・なんとか越えられました。

 

先日の講座のある日

受講生が「ありがとうございました~また来週お願いします」と教室を出て数分後

「すみません 車が駐車場で埋まってしまって・・・」との電話

まだ教室に残っていた3名の受講生達が「行きましょう!押しに行きましょう!」

2人はなんとか体育会系だし、頼もしい感じでしたか、もう一人は大丈夫かなと思いました。

そこで3人は前回の所長の講座でやっていた「自己啓発」をやろうということになり

「私たちは車を持ち上げられる!私たちは車を持ち上げられる!私たちは・・・」と3回唱え

意気込んで駐車場へGo(駐車場でやった方がいいんじゃないかなぁ・・・と思ったがcoldsweats01

車はすぐに動き、無事に脱出

女3人でもやれば出来る!すごい!

3人とも笑顔で教室へ戻ってきました~

 

 

 

アハ体験(#^.^#)

妄想の場所・・・人は常に心の奥で、このような場所を求めています。

ほとんどの人がその場所をなかなか気付かずに、無意識に行動を起こしてるのでは・・・

いずれにせよ、その場所にたどり着いたときに、はっきりと自分はこの場所を発見するために

生きてきた事に気付きます。

「そうだ!!ここだ」

「アハ!!こりゃ嬉しい」

とからだで気付くことができるのです。

みなさんもアハ体験できるといいですねhappy01

雪に覆われた閉塞感

朝、窓の外を眺めたとき、日が差していても、ほんの数十分経つと雪が舞っている。

首都圏ではあり得ない天候にビックリ。

先週の木曜の夜から昨日の昼まで秋田にいました。

毎月行っている集中講座のためと特別講座であるダンスセラピーのためで、もちろんはっきりした目的を持って秋田に行ったわけですが、

目的を忘れてしまうほど、何かとてつもなく大きな自然の力に圧倒され、人間の非力を痛感して帰ってきました。

金、土、日と講座自体は充実したものでしたが、雪に覆われ、太陽を見ることのない3日半は私にとっては初めての経験で、どこか気持ちが沈みます。

「暗くなる」というのとは少し違うけれど、ややネガティブになる自分を意識せざるを得ませんでした。

「ん~、秋田ではカウンセリングが重要だなあ…」

ますますそんな気持ちを強くする秋田滞在でした。

カウンセリングで皆さんの気持ちが変えられれば、雪に覆われた冬も楽しい季節になるかもしれません。

偶然にも・・・こんなブログが

まぁ。。音楽と心と体があればダンスが出来る。

ダンスにとって、音楽がなければ、心が動かない。心が動かなければ体が動かない。

これって1番単純な事で、1番大事な事だと改めて思う。

心は気持ち、メンタルだ。
楽しい気持ちがあればつまらない気持ちもある。
人それぞれいろんな気持ちがあるんだろうな~
 

 

昨晩、偶然にもあるダンサーの方のブログを発見

昨日行われた、ダンスセラピーと相通じるものがありました。

ダンスセラピー 大関努&佐藤楓香

NPO日本カウンセラー連盟認定試験

昨年の6月からスタートしたカウンセリングスクールOZ秋田

ここで学び始めた1期生 初級試験は8月に行われ、みごと全員合格

このたび、初級の認定証が届きました。

そして9月からは中級の勉強をしてきたみなさん。

今日は中級の認定試験日

朝から緊迫した空気の中、所長から試験についての説明があり、スタートいたしました。

試験にあたっても所長からの愛情と受け取れる言葉があり、皆さん気持ちよく試験に向かう事が出来たのではないでしょうか。

いつもの皆さんらしく、のびのびと・・・happy01

 

そして試験が終わり15:30からは身体表現法の講座「ダンスセラピー」です。

特別講師としてドイツより大関努先生をおむかえしております。

緊張もほぐれ、皆さんが身体で表す気持ち 

こちらも楽しみです!

明日はきらめき広場にてこの「ダンスセラピー」を行います!

バリ舞踊の「阿部歩さん」、スペシャルゲストとしてミスユニバースジャパン秋田県代表「佐藤楓香さん」もお招きしております。

時間は13時半から、参加は無料となっておりますのでみなさん是非いらしてくださいませnote

 

2014118104048.JPG2014118104110.JPG

成人おめでとう

当スクールの受講生であり、先月からスタッフとしても活躍してくれている三浦小梅さんが

今年成人式でした。

おめでとうございますheart01

彼女は男鹿出身・・・新成人を代表して、誓いの言葉を述べたようです(魁新聞より)

地元でスクールカウンセラーになる事を夢見ているという彼女shine

きっと夢は叶いますねhappy01

 

201411495153.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段はポジティブな言葉とは真逆なネガティブな言葉を無意識に、心の中でつぶやいていることが多くないでしょうか?

私たちは無意識に生きている・・・だからこそあえて「意識的にポジティブな言葉」を潜在意識に

溜めていく事がとても大切だと思います。

自律訓練法は「潜在意識」に働きかける~!

 

「夢判断」のフロイト先生、教えて!

昨夜(ほとんど今朝ですが)、夢を見ました。

先日娘と息子が鎌倉に行って、その話を聞かされていたせいか、私は江ノ電のような電車に乗っていました。
一つの車両の大きさは江ノ電くらいなんですが、車両の数はもっと多いように思います。もちろん漠然とですが。
座席は向かい合わせになっています。通常、向かい合わせの座席というのは2人掛けのシートが向かい合っているのですが、夢の中のシートは4人掛けだったように思います。

まっ、この辺のことも曖昧ですヽ(^O^)ゝ

座っていた座席の近くに、幼稚園くらいの子どもたちが数人(たぶん2~3人)いて、考え事をしようとしていた私には、ちょっと邪魔だったので、近くの空いている席に移りました。

夢というのは、この辺が都合よくできているところなんですが、

私がパソコン2台(これがなぜかむき出しで電源コードも袋に入っているわけでもなくそのままなんです)とカバーに入れて2つ折りにしたスーツを持っていたので、それらを移動して座った向かい側の座席に置きました。

すいていたっていうことなんでしょうか?

ところがそこへ、移動する前に近くにいた子どもが1人やってきて、私の荷物の隣に座りました。
なんとなくパソコンに手をかけたり、スーツの端をお尻で踏んだりしているので、私としては気になって仕方がありません。

でもまあ、席を移る前に比べて、おとなしくしているので、気にはなりながらもそのままにしていました。
やっと私の下車する駅になり、「これで子どものことを気にしなくてすむようになるぞ」と下車しました。
そして、ホームで電車を見送りました。

そのときです!

「あっ、荷物がない!」

そう、電車の中に忘れたんです。

急いでタクシーを飛ばせば、次の駅で間に合うかも…
タクシーが駅に着いたときにはすでに電車はホームに入っており、今にも走り出しそう。
この駅は、線路と線路脇の道路の間に柵もなく、道路よりは高い位置にある線路まで駆け上がれば電車までたどり着けます。
積もった雪の中に突っ込むしかない。

ホームに駅員さんが立っているのが見えたので、
「おーい、おーい! 車内に忘れ物が~っ!」
と叫びながら、電車に近づくも、あと少しのところで発車してしまいました。

結局、忘れ物を取り返すことはできず、終着の駅に電話をしましたが、届いていないという返事。

買ったばかりの新しいスーツを失っただけでなく、会社の情報が入った私の2台のパソコンをなくしてしまい、私は失意のどん底へ。
物をなくしたというだけでなく、まるで人生そのものを失ったような気分。
これからどう会社を回していけばいいのか、全く見当もつかず、不安と絶望で身体が震えるばかりです。

そのときです!

鉄道会社から、
「お忘れになった物ですが、途中の駅で乗客の方が、駅に届けてくださっていました。お預かりしていますので、ご都合のよろしいときに身分証明書をご持参の上引き取りに来てください」
との電話が。

失意のどん底に、パーっと強い光が差し込んで…

はい、ここで夢は終わりです。

いったいこれは、どう判断すればいいのかなあ???

「江ノ電ぽい電車」は、息子と娘の鎌倉行き、
「うるさかったけれど途中からおとなしくなった子ども」は、同居している2人の孫が、いつも騒いでいて家では仕事ができないくらいだったんですが、先週の 水曜日からおおよそ1年の予定でトカラ列島(鹿児島県鹿児島郡十島村)の平島という離島に留学してしまいいなくなったこと、
「パソコンがなくなることでデータが手元から消えてしまった」のは、昨日の朝、事務のスタッフから「パソコンの電源が入りません」との電話があったこと、
「人生そのものを失った不安と絶望」は、会社の先行きへの不安(経営者はいつもそういう不安を抱いている)、
だいたいそんなことだと思います。

それをどう分析するかは、さらにそれを読み解いていかなければなりませんが、夢の内容には必ず伏線があるもの。
フロイトが、夢を研究する中で、夢の内容と精神状態とを関連付ける議論を展開しました。
フロイトは夢のに登場するものは、意識ではなく無意識に選択され記憶から引き出されるものであると考えました。一見、何の関係もなくつながりのないように 感じるものにおいても無意識に基づく関連性、統一性が備わっていて、一つの物語として連結させることができる。そしてそれには潜在的な願望を充足させるも のであると考えたのです。

自分の中にある無意識の自己表現とでも言いましょうか…

気持ちが変わる瞬間

毎日雪・・・とっても寒いですね。

道路はつるつる・・・まるでスケートリンク場を走っているような感じ

嫌だなぁ・・・早く雪が溶けてくれないかなぁ・・・なんて思っていますが

今朝、出勤する途中にゴミ収集車がいました。

ゴミの収集場所と道路を挟んで反対側に収集車が止まっていました。

一人の作業員がゴミをスケートリンクの様になっている路面場を滑らせ

収集車の方へと上手い具合に手際よく流している姿に思わず笑ってしまいました。

雪がなく道路がむき出しの時期には出来ない事

きっと汗をかきながら、重たいゴミを持ち横断して収集車に放り込まなきゃいけない

この秋田の冬を楽しんで仕事しているような、そんな風にも見えたのです。

その光景をみた私は、職場にたどり着くまでが楽しい時間に変わってしまったのですhappy01

寒いけど心がほこっとなった今朝の出来事でした。

 

 

 

 

 

ダンスセラピー

1月25日(土)さいたま市文化センターで行う『大関努』のダンスセラピーに先立ち、

1月7日(火)に「浦和カウンセリング研究所」でダンスセラピーの授業を行いました。

人の内面にある感情や心を身体で表現し、心を解放するセラピーです。

ダンスと言っても難しい振付をするわけではなく、自分の心の内を自分なりに表現し自分の心を感じるセラピーです。

また、仲間とダンスで触れあう事により心の信頼関係を築くこともできます。

私もやりましたが心も身体もホカホカします(^o^)

201411110053.jpg

 

 

 

 

 

 

 

浦和カウンセリング研究所で先立ち行われたダンスセラピーの様子がUPされていました。

秋田でのダンスセラピーは2回目となります。

前回スタッフの私は受講生の皆さんの心の内を表現する姿に涙が止まりませんでした。

普段はあまり自分を出さない人でも、出している人であっても、自分では気がつかない自分の心の内を出せていたような・・・

また今回はどんな内面と向き合えるのでしょう

 

秋田は18日(土)午後3時半~5時半アルヴェ2FカウンセリングスクールOZ秋田

19日(日)午後1時半~3時アルヴェ1階きらめき広場 こちらはバリ舞踊ダンサー 阿部歩さん、ミスユニバースジャパン秋田代表 佐藤楓香さんを

ゲストにお迎えしております。

 

外のお天気は吹雪・・・寒ーい季節ですが・・・心はほこほこになってみませんか

参加は無料となっておりますので皆様ぜひお越しください!